あなたの我儘を全て実現できるのは注文住宅だけ

積み木

限られた土地を広く使う

家

信頼できる施工主を選ぶ

大きな家で家族がバラバラに暮らすよりも、住みやすく考えられた小さな家に家族皆で仲良く暮らしたい、鎌倉ではそんな考え方が家づくりの主流になっています。限られた鎌倉の土地を広く使うために、一戸建てを縦に広げる方法が注目されます。以前鎌倉では3階建ての一戸建て住宅といえば、特別な住宅という印象がありました。木造一戸建ては建築基準法では、原則として高さ13m以内、軒高9m以内で2階建てまでとなっています。しかし、防火地域と準防火地域に指定されている場所以外なら、構造計算をすることで3階建ても可能であり、さらに準防火地域では主要構造部などに一定の耐火性能を備えれば、3階建てにすることが可能です。鎌倉のハウスメーカーでも積極的に標準プランに取り入れており、3階建て住宅の特殊感は減りました。一般に3階建て住宅のメリットは、縦に広く住めて、日当たりの良い部屋を増やせるといった点がありますが、木造一戸建てではそれに加えて、木の優しさ、落ちつき、健康感なども生かしながら、居住空間を増やすことができます。そしてやはり、コスト面の有利さも大きな魅力です。2階建てとそれほど変わらない坪単価のレベルで3階建てまで建てられるからです。ちなみに、軽量鉄骨造りの住宅商品などでも、だいたい坪単価は2階建ての延長で考えられるようになっています。但し、構造面に配慮が必要になるので、設計力と実績があり、信頼できる施工主を選ぶことが最も大切です。